安全性の高いレーシック手術

日本国内におきまして、レーシック手術による失明の報告はされていませんが、失敗のリスクが全く無いというワケではありません。
将来的に合併症などの心配を指摘する意見もあり、日本での治療の普及はまさにこれからなのかもしれません。 レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。
レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一に挙げられます。
しかしその一方ではまだまだレーザー治療についての不安を抱えている人は大勢います。

 

レーシックというのは眼科の専門医によって適正な手術をしてもらうことで、非常に安全に進めていくことが出来ます。
手術を受ける時には眼科専門医で最新の治療機器が充実しており、さらにアフターフォローもしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。



安全性の高いレーシック手術ブログ:2021年10月13日

ダイエットを頑張っている時こそ、
生理中に食欲がでたり…
体重の変化がなかったり…と気になりますよね。

女性はホルモンのバランスで
身体と心に変化がみられますので、
生理周期に合わせて上手に付き合っていきましょう。

まず、生理前の一週間は、
黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が高まりまって、
新陳代謝が低下するため、むくみやすく脂肪が落ちにくいので、
ダイエットを始めるのはやめておきましょう。

体重は減るどころか、1〜2キロ増えることもあり、
精神面ではイライラしたり不安定になったりなど、
不快な症状を感じやすくなります。

また、生理中の一週間も、
生理前と同様にやせにくい時期です。

健康的なダイエットは大丈夫ですが、
体重が減らないからといって
極端な食事制限や激しい運動をすると、
身体をこわすばかりでなく、リバウンドの恐れもあります。

生理中は無理をしないで、
身体にやさしい生活を心がけましょう。
血行が悪くなるので、
ストレッチやマッサージをするのもおすすめですよ。

そして、生理後の14日間は、
自律神経を活発にして、身体の調子を整え、気持ちを安定させる
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が高まります。

新陳代謝もアップして、肌の調子も良くなり気分もスッキリ!
ダイエットを始めるいい時期ですね。

生理前は、
どうしても食欲が増えたり、
甘いおかしが食べたくなりがち…

3食の食事をしっかり食べることが大切ですが、
どうしても間食したくなったら我慢せずに、
一日100kcalを目安に間食しましょう。

生理中のダイエットは、
ストレスを溜めずにリラックスすることが一番大切ですよ。




ホーム サイトマップ