日本国内でのレーシック実績

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。



日本国内でのレーシック実績ブログ:2022年01月16日

似ているようで似ていない!
似ていないようでいてよく似ている!…親と子供。

「お母さんみたいにおなか出てないし〜」
そう言ってあたくしが母のお腹を摘むと…

「うるさ〜い!私だって若い頃はナイスバディーだったんだから」
と母は言う。

今の母は昔の面影も無く、
ナイスバディーとは程遠い容姿をしています。

それでも同じ年代の母と比べると
少しは若くて?綺麗で?スタイルもいいかも?

タンスの中にしまわれている母の若い頃の洋服を
あたくしは引っ張り出して着てみる…

ウエストは確かにあたくしの今よりも確実に細く
あしの長さも今のあたくしと変らない、センスだって悪くは無い。

母の昔のアルバムをこっそりと開いてのぞき見た時も、
古いアルバムの中に
はじけるような母の若くて生き生きとした姿が写っている。

知らない人が見ると
あたくしの写真と見間違うほど、今のあたくしの顔にそっくり。

だからこそ
母と似ている自分が嫌い!!

20年後の自分が
家の中をノシノシ歩いているなんて許せない!

「絶対にお母さんみたいにデブにならないもん!」
と強がってみたところで、
太くて短い指の形や眉の形、目の形までがそっくり。

話し方も、笑い方も、歩き方も、
最近はずぼらな性格までも母そっくり。

何もかもそっくりだから気が合うのか?
何もかもそっくりだから反発しあうのか?

母との会話はとても楽しいし、
母とのショッピングはとても好みが合う、
親子であって友達みたいな関係…

それでいて
頼りになる様な、ならない様な切っても切れない大切な存在。

あたくしの人生のお手本になる人…それがあたくしの母。
これからもよろしくね!

ホーム サイトマップ