日本国内でのレーシック実績

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。



日本国内でのレーシック実績ブログ:2021年05月12日

減量を成功させるためには、
夕食の摂取カロリーを減らすのが効果的!
と、よく言われますが…

どうして、
夕食の摂取カロリーを減らすのが効果的なのかというと…
秘密は体の機能と生活スタイルにあります。

人間の体はそもそも日中は脂肪を分解して、
睡眠中に脂肪を蓄える機能が活発になるようにできています。

さらに10時や12時に比べると、
24時は一般的に活動量が減るので
消費されるカロリーが減るのも理由の一つです。

これら2点を踏まえると、
簡単に言えば、夕食は脂肪になりやすいんです!

なので、
減量を成功させ、無駄な体脂肪をつけないためにも
夕食のカロリーを抑えるのがベストなんです!

目安としては
夕食は24時間の摂取カロリーの約1/3以下。

例えば、
24時間1800カロリー摂取する人だったら、
夕食は600カロリー以下に抑えましょう。

減量を軌道に乗せるためにも
夕食はできるだけ、
脂肪の多い食材や油ものを避けるのが理想。

…とはいっても
普通、24時間のうち一番カロリーが高いご飯は
夕食ですからね。
飲み会などが絡んだりするとさらに増えますよね。

正直、日々は難しいと思いますので、
まずはできる範囲で始めてみましょう。

例えば
夕食後のデザートでくだものが楽しみな人は
それを12時食にしてみる…
というような割と簡単なところからですね。

外食はランチだけにすると決めれば、
お財布にも美容にも優しくなるのでは?

ちょっとした減量に対する意識でも、
あとあとの効果は劇的に違ってくるみたいですよ!



ホーム サイトマップ