そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか


そもそもレーシックってどんな治療なのか
レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。




そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:2021年11月28日

子どもには
毎日必死に戦っているものがある。
それは「重力」である。

人間が成長するということは、
実は重力との戦いに他ならない。

子どもは血液を増やすことでこの重力に打ち勝って、
二足歩行が可能になるようにさせているのである。

子どもは疲れるとすぐに寝っ転がるものだが、
これは寝ることで血液の増産を促して、
重力に対抗できるようにするのだ。

父母にとってみれば
子どもが起きているのに
寝っ転がるということは見苦しい姿なのだが、
子どもが寝っ転がることを否定してはならない。

子どもは必要だからやっているのであって、
それを禁じてしまうと子どもは血液不足になって、
重力に打ち勝てなくなってしまう。

人前では礼儀正しくすることを教えるべきだが、
自宅でなら多少の無礼を許しておくべきなのである。

裕福になると、
どうしても礼儀作法にうるさくなるために、
子どもが寝っ転がることを禁止してしまう…

しかしそのようなことを繰り返していると、
子どもは深刻な病気を患ってしまい、
その治療は困難を極めてしまうことになる。

裕福な家庭の子供に難病奇病が多いのは、
この重力との戦いを無視しているからなのである。

ママはまさか我が子どもが
重力と戦っているとは解らないものだ。

重力は目に見えないために、
我が子どもが寝っ転がることで血液を増産し、
それで重力に打ち勝とうとしていることなど理解しにくい。

しかしそれをやらずに
立ちっぱなしや座りっぱなしにしていると、
血液が不足してしまい、病気になってしまうのである。

我が子どもを健康にさせたいのなら、
重力から解放させ、血液を増やす機会を多く設けてあげることが大切!

それをママがきちんと配慮してくれるからこそ、
子どもは健康に育つのである。


そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか

★メニュー

安全性の高いレーシック手術
レーシックの手術方法を理解しよう
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
100%失敗しないとは限りません
大切なのはレーシックの実績数
レーシック手術の割引制度を有効活用
もうコンタクトレンズは必要ありません
そもそもレーシックってどんな治療なのか
日本国内でのレーシック実績
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)タレントにも注目されているレーシック