そもそもレーシックってどんな治療なのか

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

 

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。



そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:2021年10月13日

おれたちの肉体は大腸から水分を取り、
それを腎臓に送り、腎臓で水を濾過して、
全身に水を供給しようとする。

そのため
大腸に老廃物や毒素が溜まっていると、
肉体の調子を崩し、病気になりやすくなる…

キレイな水を使えないからこそ、
細胞自体が弱ってしまい、
免疫力を大いに減少させてしまうのである。

特に恐ろしいのが、
脳は最もキレイな水を使う器官なので、
子どもが便秘をしてしまうと、
脳は汚い水を使わざるを得なくなり…

それで脳が異常になってしまい、
とにかく母の言うことを聞かない
子どもになってしまう。

排便が快調な子どもほど
母に対しては素直なのだが、
便秘をするとそうではなくなってしまうのだ。

子どもが便秘になる最大の要因は、
排泄をしていないのに、
母が無理矢理に
朝食を食べさせてしまうことにある。

大人は朝の排便が
習慣づいているかもしれないが、
子どもは朝の排便が習慣づいておらず、
朝の排便は遅れがち…

しかも子どもは
母よりも遅く起きるので、
充分に重力を使うことができず、
排便が困難になってしまうことが多い。

排便をしていないのに朝食を食べてしまうと、
ご飯の消化吸収のために排泄が阻害されてしまい、
途端にウンチが出なくなってしまう。

そうなると
内臓は排便のタイミングを失ってしまい、
午前中ではない別の時間で
排泄をせねばならなくなる。

しかし
そういう時間帯はご飯をするから、
結局、排便することができず、
便秘になってしまうのである。

なので、母は、
子どもが朝の排便をしない限り、
絶対に朝食を与えるべきではない。

子供にとっては
朝の排便こそ
非常に大事な仕事なのである。


ホーム サイトマップ