レーシック手術の割引制度を有効活用

レーシック手術を実施しているクリニックは全国各地に数多くあり、クリニック同士で集客の争いのために積極的に割引制度を実施しています。
レーシックの資料取り寄せをすると割引券を貰えたり、病院のウェブサイトから割引券が印刷出来たりなど様々あります。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
手術代でまとまったお金が必要なレーシックですが、そのような手術代は安ければ安いほど誰もが嬉しいことだと思います。
最近では、レーシック手術の割引制度を採用している病院がたくさん出てきています。

 

まずはクリニックを実際に利用する前にホームページなど隈なくチェックをしてみると良いでしょう。
またネットオークションで1円から販売されていることもあるので、覗いてみると良いでしょう。



レーシック手術の割引制度を有効活用ブログ:2021年10月06日

小学5年になる息子は3年生から塾に通っています。

以前から私の中には
「中学、高校はどうしても私立」という強い意志がありました。

私は公立一貫、夫は中学から私立一貫。
それでも私が私立にこだわり続けたのは、
夫に勧められたからではなく
私に学歴コンプレックスと経済的コンプレックスが強かったからだと思います。

塾に行き始めた頃は週2回の授業。
嫌がる息子を勉強する体制に整えるだけで時間が過ぎ、
10分程で「わからない、わからない、いやだー」と
泣き叫び走り回って抵抗。

私も横に座り、
機嫌をとりながら優しく教えますが3〜4回同じ内容を説明しても、
理解してくれないと徐々に私のイライラが増していき…

「さっき説明したでしょ!なんでわからないの!!やる気あるの!」
「どうしてこんな簡単な問題がわからないの?」
と大声を張り上げ、頭、顔を叩いたり…

それでも息子は
「もう、やらない!」と反抗を繰り返し、まるで戦争のように…
毎回毎回半時間程度の勉強をさせるだけで疲労困憊状態。

でも、私の中でどんどん罪悪感が増していくのを感じています。
般若のような顔で手を挙げてしまう私、
あれほど嫌がっているのに勉強させている私、
ヒステリックに怒る私に怯える息子…

心の中では
息子の好きなようにさせてやりたいと望んでいるのに、
どうすることもできない出口の見えないトンネルに入っているよう…

その後も全く上がらない成績。
勉強しない息子との戦いの日々。
「父母の指導がなってないのでは」という身内からのプレッシャー。

そんな重みに耐えかねて私は限界にきています。
受験まであと二年…
私の方がまいってしまう!もういやだ…


ホーム サイトマップ